ライザップに行かずライザップする!=糖質offダイエット奮闘記=

ライザップに通えない人でもできるダイエット術

初めてのライザップ(でも入会しなかった)

      2016/04/12

2016年某月某日、僕は衝動的に駆け込む形でライザップに行きました。

ここしばらく運動もまともにしていないためか、それとも日夜の暴飲暴食がたたったか、はたまた単純にオッサンとしての宿命か(※40代です)…僕はすっかりデブになってしまったのです。

実に…94キロ

もともと太りやすかったとはいえ、これはいくら何でも健康に支障が出るレベルです。ちなみに僕のベスト体重は70キロ台真ん中から後半位。80キロを超えると「うわ、やべええ」と自戒する感じだったのですが、その最後のデッドラインというか、ポイントオブノーリターン(by麒麟)というか…超えてはいけない線を大幅に超えての94キロです。

こりゃ近々死ぬな」と考えた僕は、以前からCMなんかで気になっていたライザップの店舗が通勤途中にあったことを思い出して、衝動的に店舗に駆け込んでみたというわけです。

事前予約電話をしたら「今すぐでもOKですよ」と

いきなり店舗に行くのも流石にアレかな?と思ったので、店舗に行く道すがらライザップに電話をかけてみました。するとあっさり

「その店舗なら今すぐカウンセリングできますよ」

とのオペレーターお姉さんの天の声。初回カウンセリングは無料で持ち物も必要がないとのことでしたので、二つ返事でその店舗に向かうことにしました。

納得できる理論、効果はありそう…でもお金が足りない…

事前にネット広告なんかでライザップの詳細を見ていたら、基本的なコースは2か月で30万円程度という説明でした。

「これくらいなら貯金を崩してもOK、OK」

と余裕しゃくしゃくでカウンセリングに臨みました。

しかしカウンセリングを受けてから1時間後。僕はどんより落ち込んだ顔でライザップの店舗を後にしたのでした。なぜなら…最終的に見積もってもらった金額が予想より多く(95万円超!)、僕にはとてもじゃないけど払えない金額だったからです。

どうしてもライザップしたかったのに(泣)

結果にコミットしてもらいたかったのに…(泣笑)

お金が足りなくて入会できないなんて…(泣)

悲しいじゃありませんか…。

でも自分がデブである現実を放っておくわけにはいきません。

ライザップのカウンセリングで分かったことは大きく3つ。

1.食事制限は所謂「糖質オフダイエット」であること。

2.トレーニングはキツイ筋トレを週2~3回行うこと。

3.日々の食事や減量の進捗を担当トレーナーが管理してくれること。

だったら、これらを全部自分でなんとかしてやろう!と思い直すことにしました。ここまで来てあきらめるわけにはいきません。金がないなら金をかけずに何とかしてやりましょうよ!ということですね。

幸いなことに、ライザップの食事制限内容(糖質オフダイエット)や、トレーニング内容については、結構インターネット内外の情報で拾うことができます。

勿論、実際にお金を出してライザップに通っている人にはかなわないものの、そこに出来るだけ近づける形でのダイエットとトレーニングを自分で何とかできるかもしれないと、前向きに考えての挑戦をしてみようかと。

 

 - 未分類